・2020 ユーキャン新語・流行語大賞で今年1年を振り返る~スタッフのつぶやき | 八尾市をはじめ大阪府/京都府/奈良県/兵庫県エリアの派遣のお仕事、求人情報

飯田サポートシステム

・2020 ユーキャン新語・流行語大賞で今年1年を振り返る~スタッフのつぶやき

営業の横江です。

12月に入り今年も残すところ後1ヶ月を切りました。

先日『2020 ユーキャン新語・流行語大賞』が発表され、“年間大賞”には「3密」が選ばれました。

コロナに関する流行語が多くありましたが、個人的にトップ10で今年1年を振り返ってみました。

 

・「3密」(密閉・密集・密接)

特に意識いていました。手洗い・うがい等当たり前にする様になりました。

飲み会は感染が落ち着いた期間期間中に1度だけ、ただ短時間で終了。

 

・「愛の不時着」

興味がありませんでした。

 

・「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」

私自身は興味がありませんでしたが、知人ではまっていた方もおられました。

 

・「アベノマスク」

届きましたが使用せずに置いたままです。

 

・「アマビエ」

アマビエラベルの日本酒が出た時は、買おうか迷いました。

 

・「オンライン○○」

オンライン飲み会はせず、Zoomの使用は1度だけ、職務上在宅ワークはせず。

 

・「鬼滅の刃」

TVで観ましたが映画館に観に行く迄には至らず。

 

・「GoToキャンペーン」

イートの利用が1度、他は利用の申し込みの仕方が分からず断念。

 

・「ソロキャンプ」

ソロは寂しいですが、暖かくなればキャンプ若しくはバーベキューはしたいなと。

 

・「フワちゃん」

TVでよく見るな程度です。

 

こうやって振り返ると、使用/利用/申込がPC経由になると中々付いて行けず、チャレンジする気持ちが薄れてきているのは反省すべきでした。

興味関心も薄れてくると幅が狭まるので、そこは意識いていかなければと。

 

コロナの話題になると暗い感じになる事も多いですが、今はこの状況が当たり前だと考え、ワクチンの開発が待たれますが、一時の辛抱だと考え過ごしたいと思います。

皆様も、ご自身と家族の方、職場のメンバー含め感染には十分気を付けて頂き、無事に年末を迎えられる様にしたいなと思います。

 

(営業:横江)