・「かぼちゃ」と「ゆず湯」で運が上昇!?冬至にまつわる豆知識。 | 八尾市をはじめ大阪府/京都府/奈良県/兵庫県エリアの派遣のお仕事、求人情報

飯田サポートシステム

・「かぼちゃ」と「ゆず湯」で運が上昇!?冬至にまつわる豆知識。

先週末から急に寒くなってきました。
皆さん体調は崩されていませんでしょうか。

 

12月は毎日少しずつ日が短くなっていき、冬至を境にまた日が長くなっていきます。ちなみに2018年の冬至は12月22日です。そして、冬至といえばよく耳にするのは「かぼちゃ」と「ゆず湯」ですよね。いったいなぜなのでしょう?

 

  なぜ、かぼちゃを食べるの?

冬至は一年でもっとも太陽の力が弱まる日ですが、以後は再び太陽の力が強くなることから「一陽来復」と言われ、この日を境に運が上向くとされています。更に運が良くなるようにと、「ん」のつく物を食べるようになりました。これを「運盛り」と言い、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うどん(うんどん)など「ん」が2つ入っているものが食べられてきました。
冬至に食べると良いとされるかぼちゃには、「ん」が付いていませんが、かぼちゃは漢字で「南瓜(なんきん)」と書くので運盛りとなるのです。かぜ予防に効果的なビタミンAとカロチンが豊富に含まれている事も冬至に食べられるようになった理由のひとつではないでしょうか?


  なぜ、ゆず湯に入るの?

ゆず湯に入るようになったのは、江戸時代初期の頃。
冬至=「湯治(とうじ)」とゆず=「融通」を語呂合わせしたことからゆず湯に入られるようになった…という説もあるようですが、もともとは運を呼び込む前に厄払いするための禊(みそぎ)から始まったと考えられています。
お風呂に入る時にゆずを2~3個入れると、ほのかな香りに包まれ、身体の芯からぽかぽかと温まります。ゆずの皮には、芳香油・クエン酸・ビタミンCが多く含まれており、冷え性や湯冷めを緩和してくれる効果があります。

 

いかがでしたか?興味のある方は今年の冬至にぜひ1度お試し下さい!