・新元号の公表「令和(れいわ)」の時代へ | 八尾市をはじめ大阪府/京都府/奈良県/兵庫県エリアの派遣のお仕事、求人情報

飯田サポートシステム

・新元号の公表「令和(れいわ)」の時代へ

sinngenngou

関心度が高かった注目の新元号が4/1に発表がありました。

「令和」

新たな元号は、最初とされる「大化」から数えて248番目となります。

今の天皇陛下が改元政令に署名され、同日中に公布。4月30日の天皇陛下退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に施行されます。

 

  由来

多方面から「意外だった」という声が上がったのは、「令」が使われるのは初のケースだったからでしょう(「和」は20回目)。

「令和」は日本最古の歌集「万葉集」にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」との文言から取られたもの。これまでの元号のほとんどが中国の古典から選ばれており、今回初めて日本の古典から選ばれました。

安倍首相は1日昼の記者会見で、改元に関する首相談話を発表し、新元号「令和」について、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという 意味が込められている」と説明しました。

 

  書いた人はだれ?

官邸に掲げられた新元号の文字。書いたのは書家の、茂住修身さん。大東文化大学を卒業した書家。

「茂住菁邨」の号を持つ書家で、内閣府で辞令専門官として勤務し、定年後に再雇用。

茂住さんは先週金曜に訪れ、新元号を書くリハーサルを行ったと見られます。

 

令和の時代が平和な時代でありますように、、、